T E R M I N A L

日々のこと
雨ところにより落ち葉

雨ところにより落ち葉

秋の雨。 夏に思う存分緑に燃えて山々やMACHITOKIを覆っていた葉っぱが 潔く落ちてきます。 雨がどんどん葉っぱを揺らし、意地悪しているんじゃないかと思うくらい 落としてきます。 庭や玄関、道路は秋色になって 20℃そこらの風が吹くと「ズキュン!」と胸に切なさが突き刺さります。 と言っても苦の意味ではなく切ないという感情が妙に気持ちいい。 そんな季節です。 秋の雨と濡れた土と落ち葉の匂い。 でも人によって香るものは違っていると思います。 MA . . .
7/7

7/7

7月7日七夕。 子供が保育園から短冊や飾りのついた笹を頂いてきました。 7月7日は休日になっているというわけでもなく「七夕だ~~!」という感じにはなりませんが 飾りのついた笹を見ると、なんだか「いいことあるかも」って少し思ってしまいます。 短冊に願いを書いていた子供の頃の思い出でしょうか。 大家さんのおうちにも笹が飾られています。 「おりひめ」と書いてあります。 シンプルですね(^^) でも、こうやってしっかりと笹を飾ることで「七夕だな~~」って . . .
自分だけが動いている。

自分だけが動いている。

今日は少し時間が出来たのでMACHITOKIでDIY。 と言いますか、3月の再開までになおさないといけないところがたくさんありますが 結構忙しくなかなかやれていないです・・・・。 間に合うかな・・・・。 今日は、お昼すぎから取り掛かり5時くらいまでの作業。 陽が沈むと加速的に暗くなり、手元があまり見えない。 あかりをつければいいだけなのに、この一切だけは終わらせようと 自分の中でどうでもよい決意表明をしていたので、とにかくこのでっかい合板を切り終 . . .
新潟の冬は雪と水

新潟の冬は雪と水

Theです。はい。The田舎です。 先日の大雪で、どうなるかと思いましたがその後、暖かい日もあって 雪の量はそこそこといった感じです。 丁度いい風情ですね。 それにしてもここ七谷は絵にかいたような日本の里山と言いますか 日本の田舎ですよね。きつねなんか出てきたら昔話になりそうです。 さてさて、今シーズンの冬は昨シーズンの経験を踏まえて12月から2月いっぱい お休みさせて頂いております。 昨シーズンは雪によって近所の方が車で小川に落ちたり、自分の車 . . .
森の住人だな。

森の住人だな。

仕事を終えて正面玄関から外に出ると、ピョンピョンと細長くてかわいい ひまわりが置いてありました。 「森の住人だな」ってすぐに思いました。 と言いましても「妖精」とか「こびと」がいるなんて言いません。 ある意味、妖精でありこびとですが。 お隣の大家さんのお孫さんたちです。 家族ぐるみで大家さん一家とは仲良くさせて頂いており 学校・幼稚園がお休みの土日は、MACHITOKIキッチンの窓を「どんどん!」とたたきに来ます。 よくお客様から 「え?!!今、 . . .
金賞とMACHITOKI賞

金賞とMACHITOKI賞

平成27年度 加茂市ふるさと愛護ポスターコンクール。 加茂市民体育館にて展示されております。 滝澤真白ちゃんが描いた旧七谷郵便局(MACHITOKI)が金賞を受賞しました。 おめでとう!! そしてありがとう!! 雰囲気出てますね~~。玄関の傾き具体がいいですね~~。 実際、木の根っこが建物の玄関の左側を持ち上げはじめていたので 素敵なもみの木でしたが切られたんです。 なので、この絵はしっかりと建物を見て描かれています。 MACHITOKI賞も受賞 . . .
つまみ食い

つまみ食い

今日のつまみ食いは「いも餡といちごのホッツサンド」。 おいしい~~。 あ、これMACHITOKIのまかない的なメニューです。 MACHITOKIのあんみつで使用しているいも餡とこれまたあんみつのいちごをホットサンドに。 サクッと焼かれた表面のバターのかおりがたまりません。 ガブ!っとかぶりつけば、いも餡の和の甘さとイチゴのフレッッシュさが抜群に合います。 牛乳片手に一気に食べきります。 ふ~~~。 落ち着きます。 って、僕だけで落ち着いているだけ . . .
キョウカイセン

キョウカイセン

きれいにしておく。うっそうとしている。管理されていない。ちょっと怠けている・・・。 空き地やお庭があると、そこを見て手入れ具合って意外と気になるかもしれません。 では、MACHITOKIの駐車場は・・・・。 今日の朝も雑草を芝刈り機で刈りました。 「ザ雑草」という草もありますが、「この草、いい感じでとどめておいたら芝に見えるかも」と いうような草もありますよね。 と言っても、芝に見せたいわけではなく、雑草として居心地よくあってほしいと思います。 . . .
元気野菜

元気野菜

去年の夏、MACHITOKIの前にかわいいかわいい野菜のお店が期間限定でオープンしました。 かぼちゃ数個にほおずきがちょこっと。 名物店長さん。 売れると大喜びで走っていくかわいいかわいい7才の店長さん。 そんな店長さんも1才年を重ねて、今年は自分でいろいろ育てているらしいです。 ということはこの夏もあのお店が出るんじゃないでしょうか。しかもいろいろ種類があるかも。 是非MACHITOKIにお越しになった際は立ち寄ってみてください。 店長さんは今 . . .
KOKAGE

KOKAGE

木々が作るかげは「木陰」という名前がついていてとてもやさしくやわらかい場所。 そこにはシャラシャラと太陽の光が入ってきて「木漏れ日」という名前がつけられている。 暗い、寒い、寂しい。かげはそんな後ろ向きな言葉が当てはまるけれど 太陽と木々がつくる木陰には「心地よい」「やさしい」「穏やか」があてはまる。     10月のMACHITOKIは、ちょうどいい光が入ってきます。 夏に蓄えた大盛の緑色野菜のような葉っぱの塊は、だんだんと . . .
休日の朝仕事。

休日の朝仕事。

目が覚めて寝室のすり硝子とカーテンを通ってくる光がややくすんでいる朝は そのままおきて外仕事をすべき朝。 コロンと回転してベッドから降り、空を確認してみると予想通り比較的低い位置で 雲が真夏の太陽光線を遮っています。 今日は仕事休日。仕事休日は仕事をする休日。 週休二日の初日は、早朝から珈琲を飲んだりお菓子を食べたりと、安らぎの休日。 今日のように二日目は、ゆるい仕事をする休日。 朝時間に外仕事。 ダラダラ長くやらないで朝のフレッシュな時間のみで . . .
日常の非日常。

日常の非日常。

たまった疲労と喉の渇き。 サンダル履きのスニーカーに小石がはいる。 淀んだ空気から脱出して新しい酸素を取り込む。     大陸横断の途中立ち寄った小さな街に流れる名も知らぬ河に静かに夕日が沈んでいく。 まだ旅の途中。 10年前のデジカメデータを引っ張り出し、早朝の静寂の中で想いにふける。     日常を輝かせること。非日常を作り出すこと。 どちらにしても日々の暮らしの中に特別な時間があればそれってすごくステ . . .