20160608_c

きれいにしておく。うっそうとしている。管理されていない。ちょっと怠けている・・・。
空き地やお庭があると、そこを見て手入れ具合って意外と気になるかもしれません。
では、MACHITOKIの駐車場は・・・・。

今日の朝も雑草を芝刈り機で刈りました。
「ザ雑草」という草もありますが、「この草、いい感じでとどめておいたら芝に見えるかも」と
いうような草もありますよね。
と言っても、芝に見せたいわけではなく、雑草として居心地よくあってほしいと思います。

この場所は、当初、駐車場の第一候補だったのですが、あまりにもぬかるみ雨の日は
沼と言ったら大げさですが、そのくらいべとべとになるので、別な場所を駐車場としました。

ただ、ここが建物のすぐ前という好立地であることと、別な場所の駐車場の地盤がよいかと言えば決してそういうわけではなく、むしろ雨の日に離れた場所から傘をさして靴もよごれながら来て頂く方が申し訳ないと思い、この場所を再び駐車場にすることとしました。

そこで、いままで駐車場の土地を管理されている方が除草剤をまいて草を枯らしていたのを
やめて頂き、あえて雑草をはやし根をはらせ、地盤を固め、そして石を業者さんにもってきて
もらいひきました。

見た目が、土と石と草という感じで分かれていましたが、だんだんお客様のお車が石をふんでくださり
そして草がはえてきて、少しではありますが、原っぱのようになってきました。(まだまだですが)

できれば、石をひいた場所にもこの草がはえてすべてを覆い、それを芝のように整えられたらと
思っています。

雑草って力強くてすごく頼りになるし、仲良くしていけば楽しいです。
その草がはえていることを、管理されていないと感じるか、ほどほどにうまく雑草がはえていると
感じるの境界線は微妙かもしれませんが。

ガーデニングなどなどで雑草とうまく共存している方、是非情報を頂けたら幸いです。

ちなみに芝刈り機は平地でしか機能しないので、よく「ガツッ!うっ!!」ってなります。